本音ブログ

個人的感想です。品質や感想など皆様も同じわけではありません。ご了承ください。

マラソンでプロテインを選ぶコツ

マラソンでプロテインを選ぶコツとしては、タンパク質の含有率に気をつけて選びましょう。プロテインを摂取して効率よくたんぱく質を体内に摂取するためには、プロテインのたんぱく質含有率を確認する必要があります。例えば含有率が80パーセントの場合には、100グラムのプロテインを摂取した場合には80グラムのたんぱく質が摂取できるということになります。含有率が高ければ少ない摂取料であっても、多くのたんぱく質をとれるということになります。 また飲み続けるために重要となるのが味です。近年ではおいしい商品が数多く販売されているので、気になったものがあれば最初は少なめの物を購入し味を確かめてから続けられるかどうかを選ぶと良いでしょう。

マラソンの時計を選ぶコツ

マラソンでは非常に長い距離を走る必要があり、炎天下では腕から汗が出てしまうので時計に金属製のベルトが使用されていれば金属アレルギー反応が発生してしまう可能性があります。そのため取り外して洗うことができるシリコンタイプのベルトを活用することが良いでしょう。もちろんマラソンのタイムを計測することもあるので計測にも正確さが重要になります。GPS機能もあれば区間当たりの速度やタイムなども計測することができるのでマラソン用の時計にはスマートウォッチが有効です。心拍数や血圧なども計測することができるので効果的なトレーニングを行うことも可能になります。ベルトは取り外しが可能なので複数用意していれば交換も出来ます。

北海道マラソンで完走するコツ

42キロメートル以上の距離を走ることになる北海道マラソンを完走するためには、何よりも持久力が重要になるでしょう。日頃からスタミナを意識したトレーニングを行うことが重要です。具体的には短いスパンで厳しい運動をするのではなく長時間動き続けることが重要になります。特に北海道マラソンを完走したいのであれば、基本となる足腰に関わる運動を長時間行うことが必要になるのでスクワットを無理がないように長時間続けると良いです。食生活もマラソンに向けて改めることが効果的になります。減量を行って脂肪を減らしていくよりも、タンパク質と炭水化物を中心にして体を強化していくことが有効です。強化された体が持久力を維持するための秘訣になるでしょう。

マラソンで完走するコツ

ハーフマラソンもしくはフルマラソンのどちらにおいても完走するために欠かせないのは日頃からの運動習慣であり、どれほど体力があったとしても日頃から完走に向けた準備をしていなければ完走を果たす事は不可能です。 個々により異なりますが、一つの目標として挙げられるのは1週間に3度は運動する習慣を付けるようにするという事であり、1週間に3度の運動を1ヶ月間は継続するように心がけましょう。 そして、2ヶ月後には一度につき30分以上のランニングをする事を意識しながら走るようにし、できれば45分間は続けるようにします。 その後3ヶ月後に突入した時には心肺機能が強化され60分間は走り続けられるようになっているため、4ヶ月目に設定したハーフマラソンに向けて調整を行っていきます。

サブスリーを出すコツ

フルマラソンで3時間を切るタイムでゴールする事を目指すのをサブスリーと呼びますが、一般的なランナーの場合だと難しい目標なので十分に計画性を持って行う必要があります。 そこで欠かしてはならないのがペース配分の計算であり、通常のランナーが無意識に走ってサブスリーを出す事はできないためです。 サブスリーの結果を左右するのはイーブンペースと呼ばれるペースをいかに良い状態で記録できるのかにかかっており、イーブンペースを意識してペース配分を行っていきます。 イーブンペースというのはスタートから終盤に至るまで決して速くはないものの一定のペースで走り続ける事を指し、唯一スピードが落ちてくるのはゴールが近い終盤になってからです。

サブスリーとは

サブスリーとは、市民ランナーがフルマラソン42.195kmを三時間以内で走破することを意味しています。サブスリーは、非常に多くの市民ランナーにとって憧れの記録であると言うことができるでしょう。しかし、サブスリーを達成するのは決して簡単なことではありません。中には、単純に1km当たりどれ位のタイムで走れば目標を達成できるかを算出すれば良いと考える人がいますが、実際にはそんなに単純な事ではないのです。サブスリーを達成するためには、例えばスタートから20km、また20から30km、さらに30から40km、そして40kmからゴールといった具合に、具体的で緻密なペース配分が不可欠であると言われています。

お尻が痩せるランニング方法とは?

お尻が痩せるランニング方法とは具体的にどのようなものかというと、肩甲骨を背中の真ん中に引き寄せるようにして姿勢を正しく保ち腹筋を意識的に使うようにして上半身がぶれないようにする、脚ではなく骨盤で走るような感覚を身につけるなどがあります。正しい姿勢で腹筋と骨盤を意識しながら走り、自然と脚がついて来るようなリラックス状態をつくることがランニングにおけるお尻痩せに繋がります。ランニングは有酸素運動になりますので、体内にたっぷりと酸素を取り入れながらリズミカルに走ることも大切です。有酸素運動は脂肪燃焼効果が得られる運動です。脂肪は運動開始から20分が経過した頃から燃焼し始めますので、30分以上は走り続けるのが効果的です。ランニングの前後にストレッチをすることも大切です。

ランニングのやり方

ランニングは単に走れば良いというわけではなく、既に正しいフォームと体力がある方が行うべきアクティビティなので、まだランニングを行った事が無いという方はウォーキングから開始してみるのが最適です。 ただし、ウォーキングとは言っても無意識的に歩くのではなく、あくまでもランニングに派生するための一つの方法であるという事を念頭に置いて進めていくのがポイントになります。 そして、体力がついてきたと感じられたら少しずつペースを高めていきランニングに進化させるようにし、初心者にとって最適なペースは1キロメートルをおよそ8分から10分で走りきれるペースです。 また、初めのうちは距離に拘るのではなく続けられる時間を重要視し、30分間を目標にしてランニングをし続けてみましょう。

ウォーキングとランニング

健康志向が高くなっている昨今、ウォーキングとランニングは手軽に始められるスポーツとして人気です。どちらも有酸素運動なので体力や心肺能力のアップに繋がる他、体脂肪を燃やす効果もあり、ダイエットにも効果的です。しかし、日頃から運動していない人が長時間ランニングするのは体にかかる負担も大きくなるので、まずはウォーキングから始めることが大切です。ウォーキングは高血圧や高コレステロール、糖尿病を予防するのに最適で、負荷も軽く継続しやすいことが特徴です。大股で背筋を伸ばしながら少し速めに歩くことがポイントで、じわっと汗をかく程度がベストです。慣れてきたらランニング5分とウォーキング5分を交互に繰り返し行うと、細胞がより活性化され新陳代謝の促進に効果的です。

無料で始められるランニングやウォーキング

普段のお散歩よりも少しだけペースを高くして行うウォーキングや力強く前に足を蹴り出して行うランニングは、道具や特別な知識が必要無い上に無料で行う事ができる有酸素運動です。 有酸素運動は身体に蓄積している脂肪分を取り除くためには絶好の運動ですし、無酸素運動のように運動後に筋肉が大きく成長するといった事もないため、広く肌を露出するドレスを着用する挙式を控えているという新婦さんが行うのにも最適です。 そして、ブライダルダイエットとしてウォーキングやランニングを行うのであれば、アクティビティに着手している時に意識して動かす部位にも工夫を凝らすようにするのが最適であり、二の腕などが大きく露出するため腕を前後によく振って歩くようにしましょう。