本音ブログ

個人的感想です。品質や感想など皆様も同じわけではありません。ご了承ください。

カラオケのフォールのコツ

カラオケの歌い方の1つに「フォール」という物があり、採点機能などでも評価対象となっています。 このフォールは歌の表現の中で、囁きや切ない気持ちなどを表わしているテクニックです。コツとしてはフレーズの終わりに声を抜きながら、ため息混じりで音を下げていくと良いでしょう。本来の音階から一気に下げる(フォールする)事によって、歌の表現をさらに広げる事ができるテクニックなのです。上手にフォールを使用できれば、カラオケの採点にも反映されるでしょう。

カラオケでこぶしのコツ

カラオケでこぶしを入れる際のコツは、1フレーズの語尾をそのままストレートに発声して伸ばすのではなく、語尾の母音を際立たせながらアクセントをつけて伸ばすということです。伸ばしている最中に母音を2度発生すると、一気にこぶしっぽくなります。こぶしというと演歌を歌う際の手法というイメージが抱かれがちですが、そんなことはありません。ロックやポップスを歌う際にも応用可能です。入れ過ぎると不自然になりますので、ここぞというときに入れて強弱をつけることも大切です。

カラオケでしゃくりのコツ

カラオケで歌う時にしゃくりをうまくするコツは、無理に頻繁にいれずにポイントとなるさびの部分に入れる事です。カラオケの機械でしゃくりのマークがでますが、歌詞で音が途切れるのは聞き苦しくなります。お手本となる原曲を何度も聞いてポイントとなる部分を参考にするのが大事です。まずはさびの箇所だけ試してみるのは良い方法になります。自然にこの方法を使用している歌手のまねをする事で、自分なりのコツがつかめるのです。

マラソンでプロテインを選ぶコツ

マラソンでプロテインを選ぶコツとしては、タンパク質の含有率に気をつけて選びましょう。プロテインを摂取して効率よくたんぱく質を体内に摂取するためには、プロテインのたんぱく質含有率を確認する必要があります。例えば含有率が80パーセントの場合には、100グラムのプロテインを摂取した場合には80グラムのたんぱく質が摂取できるということになります。含有率が高ければ少ない摂取料であっても、多くのたんぱく質をとれるということになります。 また飲み続けるために重要となるのが味です。近年ではおいしい商品が数多く販売されているので、気になったものがあれば最初は少なめの物を購入し味を確かめてから続けられるかどうかを選ぶと良いでしょう。

マラソンの時計を選ぶコツ

マラソンでは非常に長い距離を走る必要があり、炎天下では腕から汗が出てしまうので時計に金属製のベルトが使用されていれば金属アレルギー反応が発生してしまう可能性があります。そのため取り外して洗うことができるシリコンタイプのベルトを活用することが良いでしょう。もちろんマラソンのタイムを計測することもあるので計測にも正確さが重要になります。GPS機能もあれば区間当たりの速度やタイムなども計測することができるのでマラソン用の時計にはスマートウォッチが有効です。心拍数や血圧なども計測することができるので効果的なトレーニングを行うことも可能になります。ベルトは取り外しが可能なので複数用意していれば交換も出来ます。

北海道マラソンで完走するコツ

42キロメートル以上の距離を走ることになる北海道マラソンを完走するためには、何よりも持久力が重要になるでしょう。日頃からスタミナを意識したトレーニングを行うことが重要です。具体的には短いスパンで厳しい運動をするのではなく長時間動き続けることが重要になります。特に北海道マラソンを完走したいのであれば、基本となる足腰に関わる運動を長時間行うことが必要になるのでスクワットを無理がないように長時間続けると良いです。食生活もマラソンに向けて改めることが効果的になります。減量を行って脂肪を減らしていくよりも、タンパク質と炭水化物を中心にして体を強化していくことが有効です。強化された体が持久力を維持するための秘訣になるでしょう。

マラソンで完走するコツ

ハーフマラソンもしくはフルマラソンのどちらにおいても完走するために欠かせないのは日頃からの運動習慣であり、どれほど体力があったとしても日頃から完走に向けた準備をしていなければ完走を果たす事は不可能です。 個々により異なりますが、一つの目標として挙げられるのは1週間に3度は運動する習慣を付けるようにするという事であり、1週間に3度の運動を1ヶ月間は継続するように心がけましょう。 そして、2ヶ月後には一度につき30分以上のランニングをする事を意識しながら走るようにし、できれば45分間は続けるようにします。 その後3ヶ月後に突入した時には心肺機能が強化され60分間は走り続けられるようになっているため、4ヶ月目に設定したハーフマラソンに向けて調整を行っていきます。

サブスリーを出すコツ

フルマラソンで3時間を切るタイムでゴールする事を目指すのをサブスリーと呼びますが、一般的なランナーの場合だと難しい目標なので十分に計画性を持って行う必要があります。 そこで欠かしてはならないのがペース配分の計算であり、通常のランナーが無意識に走ってサブスリーを出す事はできないためです。 サブスリーの結果を左右するのはイーブンペースと呼ばれるペースをいかに良い状態で記録できるのかにかかっており、イーブンペースを意識してペース配分を行っていきます。 イーブンペースというのはスタートから終盤に至るまで決して速くはないものの一定のペースで走り続ける事を指し、唯一スピードが落ちてくるのはゴールが近い終盤になってからです。