本音ブログ

個人的感想です。品質や感想など皆様も同じわけではありません。ご了承ください。

就職できない人へ

私は20代の頃、25社連続で面接を落ちた。

もう社会に自分は必要ない、

無理なんじゃないか、

何度も思っただけど、1社1社受け続けた。

やっと、ひろってくれた。

その会社は就職エージェントの会社でした。

その会社で6年働いた。感謝しかない。多くのものをいただいた。

 延べ4000人以上の就職のお手伝いをしたました。

 

今回、ここに記すことは、就職したくてもできない方へ。

自分なりの気がついたところを書きたいと思う。

もちろん正解ではない、一例にすぎない。

なぜなら、企業と求職者はお見合いだ。

恋愛にも似ていて相思相愛になるかは、ときに運だ。

 

その運をひきよせるには、自分のなにかを変えなければいけないかもしれない。

 

 

 

履歴書を綺麗に書いているか?

基本的に字を丁寧にはあたりまえだ。

綺麗にかけないなら、いまの時代ワープロだっていい。

使えないなら誰かに頼んだっていい。

 

履歴書をきれいに折りたたんでいるか?

雑にあつかっていませんか。三つ折にしていますか。細かいところまで、採用担当者はチェックしています。

 

テンプレート人間になっていませんか?

激戦企業への就職希望であれば履歴書から、あなたのカラーを輝かせる必要があります。

 

企業がなにを求めているか想定し、なんのやくにたてるか、明確に記載する必要があります。

 

あなたは商品です

厳しいいい方ですが、自分は商品です。いい悪いではありません。自分の特徴、すなわち市場へどのような価値を与えれるか、その会社でどのように活きるかを考えなきゃいけない、伝えなきゃいけない。

そこからどうするか、の勝負です。

 

でも25社受け続けているとその内いいことがあるかもしれない。

変化すればいいことあるかもしれん。

もっとうけなきゃいけないかもしれない。

 

わからん。

 

でも1歩づつ、進みましょう。

 

ぼくも1歩づつ進んでいる。