本音ブログ

個人的感想です。品質や感想など皆様も同じわけではありません。ご了承ください。

音痴かどうか関係ない

歌の上手い下手に音痴かどうか関係ないといっても良いかもしれません。歌を楽しむという事において、音を正確に発音するというのは、あくまで一つの手段であって目的ではありません。歌はテストでは無いわけですから、音はある意味では、ガイド的なものと考えるとよいでしょう。別にその通りにする必要もなければ、それに無理に合わす必要もありません。歌を覚える時には、何も手本が無いと覚えることが出来ませんから、手本として音階があっても良いのですが、それを自分が利用して楽しむ時に、手本通りにする必要はどこにもないわけで、音が手本とズレていても全く問題は無くて、それを人から責められたり、歌う本人が恥じたりする必要は全くないわけです。